テレビを観るのが大好きです

テレビを観るのが大好きです

テレビ番組を作った経験

テレビを観るのが大好きです
最近はテレビがつまらない、などと言われます。確かにそういう一面もあるかもしれませんが、番組はそれぞれに工夫されて作られており、制作側の意図を考えながら見ると意外と面白かったりします。つまらない、という人は、番組の向こう側でいろいろな人が動いていることを想像できず、またマスコミ関係、局関係の人と全くつながりがないのだと思います。私は以前番組制作に関わっていたことがあり、「このテロップのタイミングは考えているな」とか「意外と予算がかかっているな」「関わっている人が多いからお弁当がたくさん必要だっただろうな」などと考えてしまいます。自分だったらもっとこううまくやる、などと考えるのも楽しいものです。番組制作でなくても、今やっている自分の仕事にも生かせる思考だと思います。

自分だったらどうやるか、というのを考えたり、制作側にどういう意図があるか、というのを考えたりすることで、番組というのはいろいろ勉強になります。そこまで考えてバラエティ番組など見たくない、という人もいるでしょうが、私にとっては番組を見ていろいろ考えるまでが趣味の一つとなっています。なので、頭ごなしに「最近のバラエティ番組は面白くない」と言われると、分かっていないなあと感じてしまいます。

Copyright (C)2019テレビを観るのが大好きです.All rights reserved.