テレビを観るのが大好きです

テレビを観るのが大好きです

私がテレビで思う事です。

テレビを観るのが大好きです
テレビについて私が思う事です。それは国営放送の受信料についてです。我が家は今世帯が3世帯に分かれています。夫は単身赴任中で、次男坊が大学に進学の為関東に住んでいます。そして私と長男が今この家に住んでいます。夫の所にも次男坊の所にも国営放送の受信料の徴収があります。次男坊の所は学生で一般家庭の4分の3でしたかの負担です。夫の所は普通料金での徴収です。

次男坊の所は4分の3にしても我が家は一家4人で2.6軒分の受信料を払っていることになります。電気を点けにくくてコソコソしたり、自分の家なのにチャイムが鳴っても出ないとかそういう事をするのが嫌なので「国民の義務らしいので」と支払いをしていますが、どんな大きな家でお屋敷でも住所が一軒分だと受信料も一軒分で済むと聞きました。本当かどうかはっきりした事は分からないのですが、そう聞いただけで貧乏な単身世帯等が多く支払うシステムになっている気がします。国営放送は震災などでとても果たす役目が大きいと思ったので支払いはしているのですが、どうも腑に落ちないところがあります。最近はテレビ離れも多そうなので受信媒体のない人も多いでしょう。これからも受信料は減っていきそうですね。

Copyright (C)2019テレビを観るのが大好きです.All rights reserved.