テレビを観るのが大好きです

テレビを観るのが大好きです

テレビとインターネットの差別化。

テレビを観るのが大好きです
最近ではテレビを持っていないという人も増えているようです。昨今、インターネットの爆発的な普及により、それまでのライフスタイルからは想像できないような変化が起こりました。今までは自分が必要な情報を世界中のデーターからリアルタイムで調べたりすることなど考えられないことでした。新聞や雑誌などに掲載された情報を自分の手で選別していくことしか出来なかったのです。テレビも、情報を得るためのツールではありましたが、それはインターネットと比べれば受動的なものですから、ニーズにあった情報が得られるかどうかは受け手のほうが先に知ることができないものだったのです。それが現在では簡単に手元にある機器を操作して情報を収集することができます。受動的な情報源を必要としないという人はインターネットのほうに流れていくことでしょう。

このため、テレビ業界はさらなる番組向上を求められ続けてきました。情報番組などは新しい切り口が求められ、バラエティ番組なども新しい挑戦を求められています。テレビドラマなどは、視聴率の低下などが問題になることもありますが、より魅力的な番組作りにつとめれば、テレビでしか見られない話題性のあるドラマを作ることが出来るのではないかと思います。制作費などの関係で、ウェブドラマよりもテレビドラマのほうがはるかに高いクオリティのものが作れますから、その点で差別化を図ることも重要かもしれません。テレビにしかない魅力はかならずあります。

Copyright (C)2019テレビを観るのが大好きです.All rights reserved.